神戸市まちなび

兵庫県神戸市の観光、グルメ、学ぶ、求人募集

*

神戸市内の夜景スポット(西安門前)

      2016/02/15

 神戸市の中華街といえば南京町です。意外なことにこの名称は正式名称ではなく通称名です。神戸にお出かけの際には一度訪れてみてはいかがでしょう。
「門越しにみえるエネルギッシュな南京町のにぎわい」

 神戸市における2018年 08月 20日 (Mon)の日の入り時間は : 18:40ですので、お出かけの際の参考にしてください。日没後もしばらくは薄っすらと明るいので、夜景の見ごろはもっと後になります。

場所:神戸市中央区元町通2(画像出典:神戸市役所)

 神戸市の南京町は、JR元町駅の南側、神戸大丸店の西側に位置するチャイナタウンです。大丸側の東側の入り口にある長安門では記念写真を撮る観光客でいつも賑わっています。西側では西安門が歓迎をしてくれています。中国語が飛び交っていたり、中央広場のあたりでは老祥記の豚まんのにおいがしたりして、日本にいるとは思えないような、中国文化という異色の強烈な雰囲気を感じることができるでしょう。

 街並みの装飾には、赤や黄色の強烈な原色がふんだんに使われているので、夜の照明にもとても映えます。ほかで紹介した神戸市内の建物の夜景は、旧居留地などレトロな雰囲気を感じることができるものでしたが、その近くにありながら、南京町の夜景は活気に溢れ、強烈な個性を主張しています。




 - 夜景の綺麗な場所, 夜景スポット